ヘナについて

当店のヘナ染め(香草カラー)について

当店は、八王子市で天然100%のヘナ、インディゴ、ハーブを使った草木染めをしているお店です。八王子市内で見ても、天然100%のヘナ染め、草木染めをしているお店はまだまだ少ないです。

お悩みの方はぜひご相談くださいませ。

ヘアカラーの危険性がSNSなどを中心に拡散され、自然派思考の方も増えてきたここ最近、

「ヘナでカラーしている」

「ヘナって体にいいんでしょ?」

なんて声を聞くことも増えて来ました。

なんとなく知ってはいるけど、詳しくはわからない。

そんな方も多いと思います。

また、よくわからないけれど美容師さんの勧めるがままカラーを自然のものに変えたという方にもしっかり知っていただきたいことです。

ヘナとはローソニアという日本では指甲花とよばれる植物の葉っぱです。

ヘナ染めとはこのローソニアという植物の葉っぱを乾かして細かくした粉をメインに数種類のハーブを水で解き髪に塗っていきます。

当店では、奈良県の美容師さんが自らインドに行き、限りなく手作業でこだわって作っている、産地や製造過程が全て明らかなこだわりの高級ヘナを使います。

ヘナのメリット


・有害な化学薬品を使わないため、髪を傷めず髪に色が入ります。同時にハリコシが出たり、ポリフェノールにより、髪内部の修復ができます。

・頭皮の不純物や活性酸素を取り除きます。

・特有の冷却作用を持ち、高ぶった精神を落ち着け、過剰な熱を取り除く効果があり、それにより施術中は眠くなったり、頭皮が軽くなったように感じることもあります。インドでは体内のチャクラを整えると言われています。

ヘナの注意点


もちろん自然の植物だけで染めるため、染まりにくい、時間がかかるなど、デメリットもあります。

・ブリーチ剤を使わないため、明るく染めることはできません。

化学染料を使わないので、明るくはなりません。白髪染めが中心になりますが、色の入らないハーブのみを使ったトリートメントやなどもございます。

・表現できる色味は限られています。

ヘナの色素はオレンジ、インディゴの色素はブルー。

この二色をブレンドしてブラウンの表現をします。

そのため詳細な色味は表現できません。

・染まり上がりに時間がかかる。

天然の成分ですので定着に時間がかかります。

また暗めのブラウンにする場合、ヘナと藍染のインディゴを使います。

2回に分けて別々に塗ることでしっかり染まる「2度染め」、1回で混ぜて時間を短縮して染める「1度染め」があります。

※一度染めは時間が早い分、染まりが悪いです。

2度染めはしっかり染まりますが、時間がかかってしまいます。

デメリットを補うために作られたケミカルヘナにご注意


自然の植物のみで染めると、時間がかかり、色味もしっかり入りづらいため、現在美容院で扱われているヘナの中には、ヘナに化学物質を混ぜたものも多く出回っております。

代表的ものとして

・ヘナ+アルカリカラー

・ヘナ+ブロム酸

などがございます。

美容室で「肌に優しい」「アルカリカラーよりダメージが少ない」

と言われて勧められるカラーはほとんどがこれです。

・一度塗りでしっかり染まる

・真っ黒に染まる。

・一度染まると真っ黒で抜けない

などの特徴があるものはほぼ間違いなく、ヘナに化学染料を入れたものになります。

もちろんデメリットを補えているのですが、アルカリカラーが混ざっているものでは、通常のヘアカラーと変わらずジアミンや過酸化水素水が入っていることが多いです。

分量は少なくとも、アルカリカラーより長く放置して染色するので、肌が弱い方やアレルギーの方には注意が必要です。

もう一つのブロム酸入りのヘナでは、パーマに使われるブロム酸塩(臭素酸塩)という酸化剤が入っております。

これはヘナ+インディゴに混ぜていて、インディゴを急激に酸化させるためインディゴの発色を助け一度でしっかり色が出るようになっております。

アレルギーなどの危険性はないものの、酸化剤のため頭皮も酸化が進むと考えられています。酸化とは老化するということ。

せっかく頭皮や髪をいたわってヘナ染めを始めたのにそれでは意味ないですよね。

またブロム酸は加温により有害なガスを発生することもわかっております。

いずれにしろ、美容師さん自身もあまり理解せず、ケミカルヘナを「肌に優しい」と勧めていることも多いとおもいます。

今、自分がどんなものでカラーしているのか?

今一度ご自身でしっかり把握して今後のカラーに役立ててくださいませ。

金額について


シングルプロセス(1度染め)

ヘナとインディゴを同時に混ぜ一度に塗っていきます。

時間がやや短縮できるのが特徴。

濃度が薄まるのと、インディゴの発色が抑えられるので色が薄くなりやすいです。

重ねるとどんどん濃くなるため、

3週間から1ヶ月周期で染める方にはオススメです。

ダブルプロセス(2度染め)

ヘナとインディゴを2回に分けて別々に塗ります。

ヘナを塗布後放置、流してから上からインディゴを重ねて塗ります。

時間はかかりますが、しっかり染まります。

一番ベーシックなオススメしているメニューになります。

値段はシングルが¥6000〜

ダブルが¥8000〜

になります。

ダブルプロセス(2度染め)2.5~3時間ほどかかります。

お時間に余裕を持ってお越しください。

また放置時間中にお客様にごゆっくりおくつろぎ頂けますように、ヘナの方向けのリラックスルームをご用意しております。

リクライニングチェアに座り、カーテンも完全に締めることができますので、リラックスしてお休みいただけます。

ヘナについて詳しく知りたい方は是非こちらのブログもお読みください!

What’s HENA?その1

What’s HENA?その2 ヘナの基礎

What’s HENA?その3 インディゴについて

詳しくは直接お問い合わせ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする